重要なお知らせ

2022.09.12
なぜ化学の学校に?卒業生の動画<化粧品分野編>が完成!
2022.09.01
「AO入学」志願書・エントリー受付中!(9月1日より)
2022.08.02
密着2640時間!学生のリアルドキュメント動画【第6弾】を追加公開!

地味にスゴイねん!

人知れず、誰かのために欠かせない技術

  • 分析化学とは
  • 先輩たちのサクセス・ストーリー
  • マンガで分かる!!分析化学の仕事!ショートストーリー
  • 道頓堀川の水質調査
  • 卒業研究
  • 中学・高校との連携

オンリーワンの40年、本校の価値を見える化

  • 数字で見る日本分析
  • 本校のいいとこ!
  • メディア紹介実績
  • 施設・設備
  • バーチャルワールド
  • 書籍紹介

毎日更新!|せんせのブログ

キャンパスライフ記事一覧へ
卒業生から教わる分析業務 ~第56回化学実務駅伝~
今年度2回目の企業との連携授業の1つである「化学実務駅伝」を実施しました!この授業は、リレー形式で毎回1社様に講演をいただいているため、本校では「化学実務駅伝」と呼んでいます。目的は、学生たちが日々、学んでいる化学や分析技術が社会や企業でどのように役立っているかを実感し、化学を仕事にすることを具体的にイメージすることにあります。実際に化学の現場で日々仕事をされている卒業生にお話しをいただくことも多く、学生にとっては貴重な時間となっています。新型コロナウイルス感染症が収束しつつあるとは言え、感染症対策ということで、約半数の学生は教室を分散してリモートで視聴しました。今回、講演いただいた企業は、「株式会社東洋紡パッケージング・プラン・サービス」様です。東洋紡という大きなグループ企業の中の1社ですが、グループ全体としては、繊維を中心に化成・バイオ・医薬など高機能製品の開発・製造を行っておられます。本日のご講演いただいた企業は、食品やお薬等様々な身の回りにあるもののパッケージ(包装材料)を作っておられます。実際にご講演いただたのは、16年前の卒業生で、本校24期卒で分析をされているM様です。現在は関東で勤務されているため、WEBを使ってオンラインでご講演をいただきました。M様のご要望で今回お写真はアップできませんが、開始前の打合せでは、Mさんが学生当時に授業や就職指導を担当をしていた現校長とWEBで16年ぶりの対面。在学当時に同社に内定した経緯や今でも当時の級友とつながっていることなども含めて、思い出話をされていました。以下の写真は、オンラインで説明をいただいている際のパソコン画面です。企業の概要だけでなく、普段私たちが何気なく使用しているフィルムや包装材料について、「包装」という言葉の意味から、使用される目的や役目、包装されるまでの流れなど、基礎から詳しく丁寧に説明をいただきました。そして、M様が日々行っておられる分析業務についても詳しく、丁寧にお話をいただきました。学生たちは、実際に今学んでいることが、実社会で活かされることを、現場の人から聞くことができ、真剣にメモを取りながら受講していました。 ご講演の後は質疑応答に応えていただきました。1年生からは、「いろいろな袋の形態があるそうですが、ガジェット袋とはどんなものでしょうか?」「微生物試験なども行うものがありますか?」といった質問が出たり、 2年生からは「分析業務を行う上で常に大切にしていることは何ですか?」「入社した場合はどのような新人研修がありますか?」「M様はどのような理由で企業を選ばれましたか?」など、就職に関する質問も出ていました。それぞれ、本校卒業生でもあるM様よりご自身の経験を活かしてお答えいただきました。特に「扱うものは異なっても同じ分析分野で働いている級友だった人とのつながりは大切です。ちょっとしたことを相談して解決できたというケースもありました。今の学校の友達を大切にしてください」というお話は、実感がこもったメッセージで学生にも届いたことと思います。 講演後には自治会長で2年、健康化学分析学科のKさんがお礼の挨拶を行いました。 学生たちは、今日の話を聞き授業で学んでいる化学の知識や実験、分析の機器がどう活かされているのか、イメージが深まったと思います。講演後は、今日の講演を振り返って小グループに分かれてディスカッションを行いました。 ディスカッションの様子は動画でもどうぞ! 終了後のリラックス状態(ディスカッションで,より一層仲良くなった様ですね!) このような、実際に働いている先輩の生の声は学生の心に響きます。これからも沢山の企業を知り・仕事を知り、自分自身のやりたいことをしっかり掴んでください。最後になりましたが、本日貴重なお時間使って講演いただいた、東洋紡パッケージング・プラン・サービス様、そしてM様、本当にありがとうございました。byシュリンプ
  • 続きを見る
2022.09.29
授業・実験・卒業研究記事一覧へ
初めて使う分析機器!
今日は1年生の機器分析化学実験の様子をお伝えします。この実験では、8種類の分析機器を実際に扱って実験を行います。まずは、それぞれの実験で何をするのかを学ぶためのガイダンスを行いました。その様子はコチラからどうぞ。そして、先週から分析機器を使った実験がスタートし、いよいよ今日は化学物質を使って、含まれる量を分析しました。実験は、扱う分析機器ごとに班に分かれて行います。今日のブログでは、ガスクロマトグラフという分析機器の実験を行う班の様子を紹介します。ガスクロマトグラフとは化粧品、医薬品、環境分野など様々な業界で利用されている分析機器です。測定したいものは液体でも気体でも測定可能です。サンプルの中に、どのような成分の物質が、どれくらい含まれているのかを正確に分析することができます。ガスクロマトグラフを使った実験は、合計2回行います。今日は第2回目で、実際に化学物質の分析を行いました。 こちらの写真は、先週の1回目の様子です。装置の動かし方を実際に触りながら確認しました。調べてきたこと、疑問もしっかり確認し、できるようになるまでやってみます。最初は、おどおど・ドキドキ。調べてきたノートをしっかり確認しながら進めていました。入力をしっかり確認していますね!  自分の順番を待ってる間には、注入練習を行っています! 2回目の今日は、1回目の学んだ事を活かして、実際に含まれる量を分析する定量分析です。定量となると、サンプルを調製するピペットで正確にはかり取る操作も重要になります。前期の実験で学んだ技術が活きてきます。ピペット操作の様子はこちらの動画をご覧ください。 写真は、試料調製の様子です。機器の操作は2週連続の操作なので、ちょっぴり慣れました!写真はマイクロシリンジの準備中です。 注入動作は、動画でどうぞ! パソコンの操作もしっかり慣れました。文字の大きさなどカスタマイズ中↓結果はとてもいい感じです!グラフ(クロマトグラム)もきっちりと得ることができました。 この調子でほかの機器も修得し、分析技術者とし成長してください。楽しみにしています。byシュリンプ
  • 続きを見る
2022.09.21
卒業後の進路記事一覧へ
祝・内定!苦手を克服して化粧品メーカーへ!
医療医薬分析学科2年のN君が、頭髪に利用するシャンプーやリンス、カラー剤、ヘアケア剤などの製品を研究・開発、製造されている企業に内定しました。企業からの就職内定を伝えると、信じられないという様子のN君でしたが、喜びの一枚!!N君は、高校の時に化学の勉強や実験をたくさんしてきた学生ではありません。中学の頃は実験を行うことが好きでしたが、高校のカリキュラムでは取り組むことがなかったとのことです。では、なぜ本校に入学してきたかというと、高校卒業後の進路を考えるときに、先生から「好きなことを仕事にした方が良いよ」と言われたことが切っ掛けでした。自分の好きなことは何かと考え、中学の時に行っていた実験を思い出し、それならばそのような実験を活かせる道に進みたいと考えるようになりました。とはいっても、高校で化学の勉強をしていなかったので、イチから学び、技術も身に付けられる学校ということで本校を見つけて入学することを決めました。さらに出身地が本校から離れているため、一人暮らしをしなければいけないという条件でしたが、自分の好きなことを仕事にしたいという思いを持って本校に入学してきました。そして、いざ就職活動!となりましたが、N君には不安がありました。それは、採用試験で必ずある面接試験です。人前で話すことが苦手なN君は、改まって何か話すとなると少し詰まってしまったり、うまく話すことができないという状態でした。そこで、毎日面接練習をすることにしました。その中で、自身を振り返ることもたくさん行いました。また、当初は関心をもっていなかった化粧品分野の企業を受けたいと思った理由も、改めて自身の気持ちを整理していきました。それは、好きな実験で数々の化学反応を見てきたことを活かしたいと思ったことが切っ掛けでした。実際の実験では、目の前で色が変わったり、温度が変わったりという変化を見たり、固体や液体の試薬を扱ったりと、いろいろと体感してきました。内定をいただいた企業では、シャsンプーやリンスなど様々な頭髪用の化粧品を扱っておられますが、それらはすべて化学薬品が使われており、製造時には混ぜたり、熱を加えたりすることで同じ品質の製品を作り続けておられます。つまり、N君はこれまで化学実験を行った経験や学んだ化学の知識をそのまま生かせると思ったのです。この思いを何とか面接試験で伝えたいと考え、採用試験の日程が決まる前から、ほぼ毎日、昼休みになれば私のところへ来て、10分でも面接の練習を行ってきました。下の写真は、その時の様子です。こうして掴んだ就職内定です。普段は、本当に寡黙な学生ですが、実際の面接ではしっかりと話すことができたと言っていました。下の動画は、就職内定を伝えた瞬間の様子です。本人も無事に内定をいただけるだろうかと不安に思っていましたが、届いた内定通知の文面をじっくり読み、しばらくは信じられない様子で、沈黙の続く動画となりましたが、最後には喜びのコメントも話してくれましたのでぜひご覧ください。 N君、改めて内定おめでとう!By ぽてと
  • 続きを見る
2022.09.30
外部連携・メディア取材記事一覧へ
分野ニーズからカリキュラム改善に~教育課程委員会~
本日は今年度第1回の教育課程委員会を実施しました。 本校は文部科学大臣より「職業実践専門課程」の認定を受けています。 「職業実践専門課程」とは、関連分野の企業や業界団体などと連携し、実務に必要な知識や技術などを修得できるカリキュラムを編成し、関連分野のニーズに合わせたより実践的な職業教育に取り組んでいることを文部科学大臣が認定する制度です。 そして、認定を受けた学校では関連分野の企業や業界団体といった外部の方を招いて、カリキュラムを見直すための委員会「教育課程委員会」を毎年2回開催することが義務付けられています。 この教育課程委員会にご協力いただいている外部委員の方々は、医薬品、化粧品、環境、化学薬品など様々な分野の企業の方です。また、ご協力いただいている企業は卒業生がお世話になっている企業で、中には企業の代表として卒業生本人が参加してくださっている企業もあります。 なお、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を講じた上で実施し、業務の都合で来校が困難な委員の方にはリモートでご参加いただきました。 本校を卒業するまでに修得すべき知識や技術をどの時期に、どの程度修得しておくべきかを示した到達目標や、それに基づき実施される授業や実験の内容等について、各分野の立場から現場のニーズに合っているか、ご検討いただきました。 特に、来年4月開講の先端薬事分析学科については、医薬品や化粧品分野の外部委員の方から分野のニーズや時勢にも合っており、期待しているといった激励をいただきました。環境分野の委員の方からは法改正に伴い、分析ができる人材の必要性が高まっていることもお話しいただきました。その他にも、採用や新入社員教育の経験を踏まえて、思考力や判断力など学生の時に身につけておいてほしいことについてもご意見をいただきました。 外部委員の方々から、それぞれの分野や立場からのご意見やご助言をいただくことができ、私たちにとって、とても有意義な時間となりました。今後は、いただいたご意見等を私たちの中で検討し、カリキュラムの改善に活かしていきたいと考えています。 本日ご参加いただきました外部委員の皆様、お忙しい中、ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。 by みなと
  • 続きを見る
2022.09.28

入学希望者向け説明会

通年実施/保護者・遊人OK/特典アリ  体験入学

まずはこちらが絶対オススメ! 体験入学で本校を実感してください!

体験入学

次回

分析化学や本校の特色についてご説明します。資格取得状況、就職実績、大学編入学合格実績などなど、気になる数字も大公開!在校生も一緒に実験をするので、入学後の自分もイメージできるイベントです。

随時受付

体験入学の日程に都合が合わない方、お急ぎの方はこちら

学校見学

月曜~日曜の9:00~17:00まで、ご希望に合わせて実施します。

学科/コース紹介

興味に応じた平日2年制 5学科10コース、プラス土日学科を用意!

医療や医薬品に興味があるなら

医療医薬分析学科

医療医薬分析学科

食品や化粧品に興味があるなら

健康化学分析学科

健康化学分析学科

人や生命に興味があるなら

生命化学分析学科

生命化学分析学科

環境や資源に興味があるなら

環境化学分析学科

環境化学分析学科

本校からの情報発信!

ブログやメルマガ、SNSで本校からの最新情報をCheckしてください!

せんせのブログBlog

せんせのブログ

本校専任講師がその日の学校や学生の様子をご紹介!本校の今が分かります!

バーチャルワールドMovies

バーチャルワールド

本校のさまざまな光景を動画で体感!
 

メールマガジンMail Magazine

メールマガジン

週1回配信!登録無料!
化学に関する様々な情報をゲット!

公式SNS