分析化学応用学科(土日)募集要項

分析化学応用学科は、土曜日と日曜日、週2日の集中授業で、2年課程の正規卒業に必要な単位および、その他の諸条件がすべてクリアできるシステムになっています。
したがって、仕事を持っている方々や大学生、浪人生など月曜から金曜まで学習時間のとりにくい方々でも休日を利用して、分析技術を修得し、就職・転職・再就職、資格取得を目指せる学科です。

学科 修業年限 定員
分析化学応用学科 昼間2年 (土曜日・日曜日) 20名

出願資格

次のいずれか一つに該当する18才以上の男女で心身ともに健康な人が出願できます。

  1. 高等学校を卒業した人および3月卒業見込みの人
  2. 大学入学資格検定または高等学校卒業程度認定試験に合格している人
  3. 外国において通常の課程による12年の学校教育を修了した人
  4. そのほか上記と同等以上の学力があると本校の校長が認めた人

分析化学応用学科 入学のおすすめ

次のような方々にぜひ、本学科への入学をおすすめします。

働きながら学びたい方

授業は、土曜日・日曜日の週2日ですので、月曜日から金曜日までは働くことができます。今の仕事を続けながら学びたい方、働いて学費の負担を軽減したい方など、「働きながら学ぶ」ことを計画中の方に最適の学科です。

大学生、その他ダブルスクールをしたい方

大学といっても「分析化学」を独立した学科として設置しているところは殆どありません。手に職をつけたい方や、得意な分野を増やしたい方、難関資格を取得したい方など、ダブルスクールで「就職に有利なレベルアップ」を目指す方に適した学科です。確かな技術が身に付き、資格の取得にも役立ちます。

転職・再就職したい方

景気の後退や雇用情勢の不安定化などの社会状況の悪化にも関わりなく、分析化学者に対する求人や需要は高く、逆に人材の供給が追いついていない現状です。派遣・契約社員から正社員へ転職したい方、再就職したい主婦の方など、 「将来にわたって生活の安定化」を図りたい方などに適した学科です。

文系から技術系へキャリアアップしたい方

文系出身者の就職は選択肢の幅広さが特徴ともいえますが、特に専門的技能は必要なく、逆の見方をすれば"代わりの人材はいくらでもいる"ということ。本学科では、医薬品・化粧品・食品・材料・環境・バイオ業界などに必要な「分析技術を自分の特技として」修得でき、確実なキャリアアップが可能です。

遠距離通学でも自宅から通学したい方

仕事をされているなどの理由で、遠距離であっても引っ越しはせず、自宅から通学したい方に適した学科です。これまでに、関東甲信越・東海・中部・中国・四国・九州・沖縄からの通学実績があり、各人が転職などの希望を叶えて卒業しています。

「化学分析技能士」等の国家資格を取得したい方

在学中2年間の履修科目は、国家資格「化学分析技能士」の試験科目に準じて構成されています。さらに、2級受験に必要な実務経験は在学中の2年間が実務と見なされ、本校学生は免除されます。この資格を取得する最短のルートです。
その上、本校は試験会場の指定を受けていますので、学び慣れた実験室が実技試験会場となり、落ち着いて実技試験本番に臨んでいただくことが可能です。
また、本校を卒業すると同時に取得できるなどの国家資格は以下の通りです。

卒業と同時に取得できる国家資格
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 化粧品製造業責任技術者
  • 化粧品総括製造販売責任者
取得条件が優遇される国家資格
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 化学分析技能士(2級)
  • 医薬部外品製造業責任技術者
  • 医薬部外品総括製造販売責任者

募集日程

志願書提出締切日(消印有効)※1 選考日(合否通知書発送日)
2019年 9月30日(月) 選考および合否通知発送は、先着順に順次行います。
専願合格者は学費納付額より30万円免除※2
2019年10月15日(火) 2019年10月18日(金)
専願合格者は学費納付額より30万円免除※2
2019年10月31日(木) 2019年11月5日(火)
専願合格者は学費納付額より30万円免除※2
2019年11月30日(土) 2019年12月3日(火)
専願合格者は学費納付額より20万円免除※2
2019年12月25日(水) 2019年12月27日(金)
専願合格者は学費納付額より10万円免除※2
2020年1月31日(金) 2020年2月4日(火)
2020年2月29日(土) 2020年3月3日(火)
2020年3月31日(火)
(3月31日まで随時出願できます)
随時選考
  1. 入学希望者向け説明会に参加された方には「面接済証」を授与し、面接試験が免除されます。
  2. 合格通知書は直接本人宛郵送でお知らせします。
  • 入試制度によって出願できる期間が異なりますのでご注意ください。詳しくは「入試種別カレンダー」をご確認ください。
  • 学費納付額免除は合格通知書受理後、期日までに第1次入学手続きを完了された人のみの特典です。

出願

1入試制度を選ぶ
一般入学の出願開始は10月1日からですが、すでに高校を卒業された方は「社会人早期出願入学」利用により4月1日から、また、高校3年生の方は「AO入学」利用により8月1日(エントリーは6月1日)から出願が可能です。ぜひご活用ください。
2出願書類の準備
  • 志願書(写真貼付のこと)
  • 調査書・成績証明書等
  • 受験料(20,000円)
  • 受験票(面接済証のない人のみ)
  • 面接済証
  • 入試制度によって、上記以外に必要な書類があります。それぞれの入試方法のページをご確認ください。

注意事項

  1. 出願書類それぞれの詳細はこちらをご参照下さい。

  2. 出願書類はよく確かめて一括して学校指定の封筒(様式A)に同封して提出してください。バラバラで提出されますと受付できないことがあります。
  3. 出願書類に不備があると受付できません。
    入試係から指示があれば大至急そろえてください。
  4. 一度受理した書類、選考料は理由の如何を問わず返還および返金いたしません。
  5. 定められた締切日は厳守してください。
3出願方法を選ぶ
  1. 直接持参
    月曜日~土曜日の午前9時~午後5時まで受付。
    日曜日、祝日は事前に連絡があれば受付いたしますが、それ以外は受付できません。
  2. 郵送
    志願書締切日の当日消印有効とします。この場合は必要な書類一式をよく確認し、本校募集要項に添付の学校指定封筒(様式A)に一括同封し簡易書留で郵送してください。
  3. インターネット出願
    ホームページのフォームに必要事項を入力し送信してください。尚、志願書受理後に、入学志願書以外の、上記「出願書類」と写真(3 cm×2.5 cm)の提出が必要です。
  4. 注意
    定員になり次第、志願書最終締切日(3月31日)前でも募集を締め切りますので、志願者はお早めに志願書を提出してください。
4志願書提出先
〒530-0043
大阪市北区天満2丁目1番1号
日本分析化学専門学校(講義棟)
事務室入試係
TEL 06(6353)0347

選考について

選考方法

  • 選考の判断基準として総合的に高い評価のある人を選ぶのは当然ですが、化学を履修していなかった人でも、本人の学習意欲および目的意識が明確で、知識や技術、資格取得に対する情熱のある人を重視しています。
  • 選考は出願書類に「面接済証」を同封して提出した人から順次書類審査を行い、合否を決定します。したがって、早いうちに「面接済証」を授与されるよう、入学希望者向け説明会や学校見学にお越しください。

面接試験

面接済証をお持ちでない方は出願の後、面接試験を受験する必要があります。出願の際、受験票を同時に提出してください。

試験会場

〒530-0043
大阪市北区天満2丁目1番1号
日本分析化学専門学校(講義棟)
TEL 06(6353)0347

日時

入学希望者向け説明会・選考スケジュールにある各選考日に実施いたします。実施時間については本校から返送する受験票でお知らせします。

面接試験の注意事項
  1. 試験に関する問い合わせは本校事務室の入試係まで連絡してください。
  2. 受験のために出発する日までに本校から受験票を送っても手元に届く見込みのないときは、電話連絡の上で、本校でお預かりします。
  3. 欠席する場合や、遅刻しそうな場合は、予め本校事務室の入試係に連絡してください。

学費

【入学金】300,000 円

(円)

学年 納入時期 授業料 施設費 実習費 合計
1年次 入学時 合格通知後7日以内 309,500 113,500 242,000 665,000
後期 9月1日~9月20日 309,500 113,500 242,000 665,000
2年次 前期 3月1日~3月20日 309,500 113,500 242,000 665,000
後期 9月1日~9月20日 309,500 113,500 283,000 706,000
  • 合格者の納付金は、入学金と学費合計を加算した額965,000円となります。

その他

(円)

  教科書代 実習白衣・校章代 校費 研修旅行費
1年次 約40,000 約10,000 17,000 (約60,000)
2年次 約30,000 17,000
  • 本募集要項における学費とは、授業料・施設費・実習費をいい、入学金および教科書代・実習白衣・校費・研修旅行費は含みません。
  • 学費は入学年度分を示し、翌年度は変更することがあります。
  • 学費納付は年2回(前期・後期)の分割とし、卒業までは4回、分割納付の制度を行っています。
  • 一旦受理した書類および選考料、入学金はいかなる理由があっても返還・返金しません。なお、納付された学費および校費については、3月31日までに入学辞退を申し出た場合に限り返金します。
  • 大学(4年制・短大)での単位履修証明書または成績証明書を提出し、本校の校長が認めた単位については、履修を免除し、単位相当の授業料免除を受けることができます。
  • 日本学生支援機構などの奨学金制度もお使いいただけます。その他の奨学金制度についてもご紹介しますので、お問い合わせください。
  • 勤労学生は所得金額に応じて所得税控除を受けられる場合があります。
    • 教科書代、実習白衣代・校章代については、授業開始前に行われるオリエンテーションにて納めていただきます。
    • 研修旅行費は1年次2回の分納となります。
    • 分析化学応用学科においては、研修旅行費、卒業アルバム代は希望者のみ実費徴収します。

入学手続き

  1. 手続き方法
    合格者は指定の期日までに入学金および授業料等の前期分の学費(併願の場合は入学金のみ)を納入し、下記3の書類を提出することにより第1次入学手続完了とします。
  2. 学費の納入
    学費は銀行振り込みまたは郵便払い込み用紙で、必ず入学者本人名で振り込んでください。
  3. 提出書類
    ①誓約書(本校指定のもの。合格通知書に同封)裏面に②の書類を添付してください。
    ②学費の納入を証明する書類(受領証(書)のコピー)
  4. 入学辞退
    入学を辞退する場合は3月31日までに申し出てください。所定の期日を過ぎても連絡がなく、入学手続きを完了しない場合は入学を辞退したものと見なします。