バイオテクノロジー分析コースカリキュラム

実験事例

PICK UP!

植物サンプルからDNAを抽出し遺伝子検査をする!

目的の遺伝子を検出するために、サンプルの植物の葉からDNAを抽出、PCR (Polymerase Chain Reaction:ポリメラーゼ連鎖反応法) を行い、目的のDNA 断片を短時間に大量に増幅します。増幅した遺伝子はアガロースゲル電気泳動により確認します。

1サンプルの粉砕

凍結しておいたサンプルを乳鉢に入れすりつぶし粉状にします。

2DNA抽出

DNA抽出用バッファーを添加し、酵素処理を行います。さらにフェノール抽出、エタノール沈殿、遠心分離などを行い、DNAを抽出します。

3PCR

微量のDNAサンプルから特定のDNA断片を短時間に大量に増幅することができるPCR法(Polymerase Chain Reaction:ポリメラーゼ連鎖反応法)を用い、抽出したDNAから目的のDNA断片を増幅させます。

4アガロースゲル電気泳動

PCR法で増幅したDNA断片をアガロースゲル電気泳動で確認します。

結果

電気泳動したアガロースゲルをエチジウムブロマイドで染色し、そこに紫外線を照射しDNA断片を確認します。DNAはバンド状に見えます。実験を通して、微量なDNAサンプルを扱う技術が習得できました。また、この技術を応用することで、食品や微生物の遺伝子検査もできるようになります。

授業・実験科目

  • 基礎化学
  • 生物化学
  • 基礎化学実験
  • 機器分析化学実験
  • 定量分析実験
  • 微生物学
  • 分子生物学
  • バイオ実験法
  • 酵素工学
  • 遺伝子工学
  • 生物代謝学
  • 構造生物学
  • バイオテクノロジー総論
  • バイオ化学実験

など