バイオテクノロジー分析コースOB・OGの声

コースの学びが仕事に
活かせています!

学校で学んだ化学の知識やレポートの作成方法を
最先端のiPS細胞の研究にしっかり活かせています。

北井 妥代 さん

現在、再生医療の実現を目指すiPS細胞の研究室で実験助手を務めています。例えばiPS細胞で腎臓の細胞をつくったり、それが実際に機能するかどうかを分析機器で調べたり。一緒に研究している皆さんは医学博士や大学の専門研究員の方ばかりですが、日本分析化学専門学校で習った用語を耳にするとひと安心。それを起点にほかの用語や研究目的が理解しやすくなり、仕事がはかどっていきます。毎日提出する実験レポートにも学校で身に付けた作成方法などがすごく役立っており、最先端分野で働く自分に自信が持てています。

iPS細胞研究所 北井 妥代 さん