日本分析化学専門学校



印刷する

実験B-52 <カラフル化粧品の秘密を暴く!の巻>

化粧品の色の正体は?
この実験の写真一覧
投稿者
日本分析化学専門学校
所要時間
20分
使用器具・薬品
【使用器具・薬品】
○器具
・試験管
・ビーカー(500 ml)
・駒込ピペット
・ガスバーナー
・試験管立て
・ミクロスパーテル
・ガラス棒
・ロート

○試薬等
・ファンデーション、アイシャドウ、口紅
・酸化鉄
・硫酸 (3M)
・0.1Mヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウム三水和物
・0.1Mチオシアン酸カリウム
・蒸留水

【材料の入手方法】
・化粧品(百円均一で購入)
・以下試薬は試薬会社で購入
  酸化(Ⅲ)鉄 500 g 2000円
  硫酸  500 ml 800円
  ヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウム三水和物 25 g 1350円
  チオシアン酸カリウム 500 g  2800円

  1. ファンデーション、アイシャドウ、口紅をそれぞれミクロスパーテル1杯とり、各試験管に入れる。
  2. 1)に3M 硫酸 3 mLを加え、ガスバーナーで煮沸した後、放冷する。
  3. 2)の上澄みを駒込ピペットで1 mLくらいずつ、それぞれ2本の試験管に分け、一方に0.1M ヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウム水溶液を数滴、もう一方に0.1Mチオシアン酸カリウム水溶液を数滴加え、色の変化を観察する。
  4. 【ファンデーションやアイシャドウについては、更に以下の操作を行う。】3)で鉄が検出されたファンデーションやアイシャドウをミクロスパーテル1杯試験管にとり、ガスバーナーで加熱後、放冷し、観察する。

1.化粧品は完全に溶解しなくてもかまいません(上澄みを使用します)。

2.熱水を取り扱う際は火傷に注意して下さい。

3.硫酸等、危険な試薬も使用するので、保護メガネを着用して下さい。

【酸化鉄と化粧品】

化粧品には無機顔料が含まれています。その代表的な無機顔料の1つである酸化鉄系顔料は組成と結晶構造の違いにより、赤色、黒色、黄色、褐色、赤褐色などがあります。ファンデーションなどのメイクアップ製品に広く用いられており、硫酸第一鉄(FeSO4)を焼いて作りますが、そのときの条件(温度、時間、空気吹込量)によって出来上がりの色を変えることができます。焼成温度が低いほど、黄色が強くなり、温度が高くなるにつれて赤~黒へと変化します。

 

【定性分析と確認試薬】

金属イオンは分属と系統分析では、様々な方法で対象の金属イオンの検出を行うことができます。今回は、化粧品の中から抽出した鉄イオンをヘキサシアノ鉄(2)酸カリウムとチオシアン酸カリウムを用いて確認しています。

    鉄イオン + K4[Fe(CN)6](ヘキサシアノ鉄(2)酸カリウム) → 青色沈殿

    鉄イオン + KSCN(チオシアン酸カリウム)   → 赤色

画像をクリックすると画像の解説が表示されます


化粧品の色の正体は? 実験準備 煮沸中 化粧品は100円均一で入手

>>一覧へ  >>サイトトップへ


アクセス人数の多い上位5つの実験です。

アクセス数ランク

>>もっと見る

おすすめボタンをクリックされた上位5つの実験です。

オススメ数ランク

>>もっと見る

アクセス回数の多い上位5つの実験です。

>>もっと見る

カテゴリ一覧