日本分析化学専門学校



印刷する

ルミノール発光 ~発光の世界への挑戦~

この実験の写真一覧
投稿者
H.KOJIMA
所要時間
10分
使用器具・薬品
==薬品==

・ルミノール

・過酸化水素水 (3%)

・水酸化ナトリウム水溶液 (5%)

・フェリシアン化カリウム



==器具==

・150mlビーカー(×2)

・500㎖ビーカー(×1)

・メスシリンダー()

・薬さじ

・電子天秤

・薬包紙(×3)

・ガラス棒

以下の様に溶液A・Bを準備する。

____


5%水酸化ナトリウム水溶液100㎖に約1.1ℊのルミノールを溶解する
   ⇒ 溶液A


3%の過酸化水素水100㎖
   ⇒ 溶液B

____

500㎖ビーカーに溶液Aを注ぎ、その後 溶液Bを注ぎ加え発光を観察する。

少し時間をおいてからフェリシアン化カリウムを少量加え、発光を観察する。

-- 注目ポイント --

・フェリシアン化カリウムを入れる前と後の発光の度合いを観察しよう!

・身近なものでこの実験が出来るかどうか考えてみよう!



-- 注意事項 --

・ルミノールは引火の恐れがあるため、火を使用している実験台の付近では実験をしないで下さい。

・過酸化水素水,水酸化ナトリウム水溶液は腐食性(=皮膚の組織を破壊し、損傷を生じさせること)の物質です。取り扱いには気を付けてください。

警察の科学捜査で、現場から血痕を探す場合などに血痕の鑑識に用いられるルミノール試験があります。

これはその元となっている実験です。


ルミノール酸化剤(ex.酸素,過酸化水素水...)と鉄媒体(ex.フェリシアン化カリウム,ヘキサシアノ鉄酸カリウム,血液に含まれるヘモグロビン...)によって波長約460nmの青白い発光をします。


____


ルミノールが過酸化水素水によって酸化され、3-アミノフタル酸ができます。
この際、鉄イオンが媒体となっています。

ルミノールが酸化されると、3-アミノフタルサンの励起一重項状態となり、この励起一重項状態が安定な3-アミノフタル酸の基底状態になろうとする。

その励起一重項状態から基底状態になるときに発生したエネルギーが今回観察する光である。

日本分析化学専門学校 管理者 (2013/07/16)

@ご覧の皆様方
ルミノール反応については、私どもでもご紹介しておりましたので、以下に列挙させて頂きます。
本実験と併せてご参考になさってください。

実験B-32 <大根パワーで発光の巻>
http://www.bunseki.ac.jp/naruhodo/experiment/expdetail.php?id=200&experiment=&keyword=%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB&time=&category_id=&pageID=
実験B-15 <犯罪捜査で用いられる化学分析の巻(1)>
http://www.bunseki.ac.jp/naruhodo/experiment/expdetail.php?id=167&experiment=&keyword=%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB&time=&category_id=&pageID=

image

日本分析化学専門学校 管理者 (2013/07/16)

@小嶋 洋至さん
コメント大変遅くなり申し訳ありません。
写真も含め、アドバイスなども丁寧にご提示頂きありがとうございました。

image

コメント投稿

画像をクリックすると画像の解説が表示されます


>>一覧へ  >>サイトトップへ


アクセス人数の多い上位5つの実験です。

アクセス数ランク

>>もっと見る

おすすめボタンをクリックされた上位5つの実験です。

オススメ数ランク

>>もっと見る

アクセス回数の多い上位5つの実験です。

>>もっと見る

カテゴリ一覧