3つのポリシー(募集方針、教育目標、到達目標)

動画でわかる3つのポリシー(募集方針、教育目標、到達目標)

日本分析化学専門学校3つのポリシー(募集方針、教育目標、到達目標)

「分析化学の知識・技術と実務実践力の修得」

我が国の経済の安定成長や生活環境の向上には、地球規模の環境保全、エネルギーや資源の確保、食料の安定供給、医療技術の充実は欠かすことができません。
そのために科学技術の振興は必須であり、その鍵を握る企業等の研究開発部門、品質管理部門、環境管理部門等において「分析化学」の技術は柱となるものです。
本校は分析化学の知識・技術は当然のことながら、その知識・技術を駆使するために必要な思考力・判断力・表現力・主体性・協働力などの社会人として必要な素養を身につけた分析化学者を養成します。

募集方針

本校の「到達目標」および「教育目標」を理解して、それを達成するために学生生活を送ることを前提に、文系理系を問わず、以下のような入学生の受け入れ方針を定めます。

1.求める学生像(文系・理系は問いません)
  • 白衣を着て実験をする仕事に就きたい人
  • 好奇心、探求心が旺盛な人
  • 化学の技術で早く社会に貢献したい人
  • 自己を分析し、変化や成長を望みたい人
  • 目標をもって物事に取り組める人
  • 協調やコミュニケーションの重要性を理解している人
2.入学までに身につけてほしいこと
  • 化学や生物、実験への興味・関心
  • 挨拶などの基本的なコミュニケーション能力

専門的な知識・技能、思考力、判断力、表現力、主体性、協働力等については、 入学時に確認しますが、入学後に修得が可能なため、入学選考としての評価は行いません。

3.4つの入学方法
  • AO入学(入学希望理由書、調査書、面接)
    【事前に出願資格要件1、2を満たすことが必要です】
    1. 求める学生像 → 事前来校・面談の際に確認
      • 白衣を着て実験をする仕事に就きたい人
      • 好奇心、探求心が旺盛な人
      • 化学の技術で早く社会に貢献したい人
      • 自己を分析し、変化や成長を望みたい人
      • 目標をもって物事に取り組める人
      • 協調やコミュニケーションの重要性を理解している人
    2. 化学に関する基礎知識 → 「化学力評価」自己評価の実施
    3. ■エントリー段階で1、2を確認 → 出願要件確認票を交付します
  • 指定校推薦入学(入学希望理由書、推薦書、調査書、面接)
  • 一般入学(入学希望理由書、「化学力評価」、調査書、面接)
  • 社会人入学(入学希望理由書、「化学力評価」、面接)
入学前教育の実施

AO入学による合格者には、以下1~3の入学前教育を実施します。詳しくは、出願要件確認票をお送りする際にお知らせします。

  1. 働くことについての基本的な知識に関する学習
     → 職業・キャリア検定「FACE」学習と3級合格
  2. 化学の基礎的な知識に関する学習
     → eラーニングによる動画学習
  3. 実験およびレポート作成に関する学習
    【①,②のいずれかで実験を行い、レポートを提出】
    ①本校主催の化学実験会への参加・レポート作成(最低1回の参加)
    ②本校実験ホームページ
    「すぐできる!なるほど★ザ★化学実験室」掲載実験の実施・レポート作成

教育目標

本校の「到達目標」を達成するために、以下の「三実一体教育」を実施します。

実学

理解力(授業)
実務

判断力(実験)
実践

応用力(卒業研究)

これらの能力を身につけるため、外部委員で構成する教育課程委員会の議論を経た教育内容を、以下によって「見える化」し、到達目標に対する進捗を確認します。

1.「化学知識・技術(理解力・判断力)」の向上
  • 「カリキュラムフロー」【年一回・4月配付】
    学生が身につけるべき資質・能力として、本校では「総括的な到達目標」を各学科・各学期ごとに設定し「何ができるようになるか」を見える化。それを達成するために、カリキュラムフローによって、さらに4半期ごとの到達目標を定め、目標達成のために教科を配置します。
  • 「シラバス」【年一回・4月配付】
    科目ごとに、担当教員、開講時期と回数、単位数、使用テキスト、授業概要、到達目標。さらに担当教員の科目に関連した実務経験を詳細に開示します。
  • 「コマシラバス」【年一回・4月公開】
    シラバスをさらに細分化し、授業日ごとの授業テーマとその詳細内容を開示します。
  • 「今日の授業シート」【授業ごとに毎回配付】
    コマシラバスをさらに詳細にした、今日の授業の目標、今日の必須修得事項、授業担当者から今日の授業のメッセージ、授業項目やそれに付随した重要ポイントを記し、授業ごとに理解度をチェックできるようにしています。
2.「実務実践力(応用力)」の向上

以下のさまざまな行事や活動を通じ、化学知識・技術を応用する力を高めていきます。

事業所見学会、企業紹介講座、化学実務駅伝、卒業生との交流会、出身高校訪問、自治会・各種委員会活動、クラブ・課外活動、社会貢献・ボランティア活動、一泊オリエンテーション、交通安全講習会、分化祭、スポーツ大会、国内研修旅行などの各種行事。また、グループで実施する卒業研究は、そのプロセスにおいて、実務実践力の向上に大きく役立ちます。

上記については、担任が日常的に把握し、「ビジネス実務」の授業科目において可能な定量化を行い評価します。

到達目標

分析化学の知識・技術に加え、それを使いこなす思考力・判断力・表現力・主体性・協働力などの社会人として必要な素養を身につけた分析化学者を育成し、社会に送り出します。

10項目の目標を設定

本校学生を社会で速やかに分析化学の力が発揮できる人材に育てるため、以下のような10項目の目標と目標値を設定して実現に注力しています。

学校全体 目標値の数的根拠
目標1 関連分野への全員就職(目標値=100%) 就職希望者に対する達成状況
「化学知識・技術」関連 目標値の数的根拠
目標2 国家資格「危険物取扱者(甲種・乙種)」の取得 入学者数に対する総取得数
目標3 国家資格「化学分析技能士3級」の取得 2年在校者数に対する合格者数
目標4 分析機器の操作・理解(1年修了時) 在校者数に対する合格者数
目標5 「化学知識・技術修得度」の向上 入学時と卒業時の自己評価アンケート
「実務実践力」関連 目標値の数的根拠
目標6 「自己を管理する力」の向上 入学時と卒業時の自己評価アンケート
目標7 「職業人としての姿勢や考え方」の向上 入学時と卒業時の自己評価アンケート
目標8 「協力して働く力」の向上 入学時と卒業時の自己評価アンケート
目標9 「一つのことを達成する力」の向上 入学時と卒業時の自己評価アンケート
目標10 公的資格「ビジネス能力検定3級」の取得 受検者数に対する合格者数
「化学知識・技術」と「実務実践力」の発揮

1年半で培った「化学の専門知識・技術」と「実務実践力」を発揮する場として、 卒業研究を重要カリキュラムに設定しています。

<卒業研究の主な目的>

グループ研究による
主体性・協働力の
実践
研究発表・
プレゼンテーション
による表現力の実践
実験結果の考察や
データ解析による
思考力・判断力の実践
10項目の目標に対する、これまでの結果とこれからの目標値

確かな分析化学の知識・技術と実務実践力の修得に向けて本校が設定している10項目の目標。
その近年の結果と2020年度の目標値について下記に紹介します。

到達目標[1](過去3年間の結果と次年度目標) 2017年 2018年 2019年 2020年
目標値
目標1 関連分野への全員就職 100% 100% 100% 100%
目標2 「危険物取扱者(甲種・乙種)」の取得 76.2% 87.5% 64.7% 80%
(全員受検・取得率)
目標3 「化学分析技能士3級」の取得 44.0% 40.0% 91.0% 100%
(全員受検・合格率)
目標4 分析機器の操作・理解(1年修了時) 100% 100% 94.7% 100%
(合格率)
目標10 「ビジネス能力検定3級」 資格取得 94% 95% 97% 90%以上
(全員受検・合格率)
到達目標[2](2018~2019年度実施の学生アンケート結果と次年度目標) 入学時 卒業時 2020年
目標値
目標5 知識・技術修得度の向上 専門分野の知識や理論が身に付いた 49.7% 74.8% 入学時から
30%
引き上げ
専門分野の技能や感覚が身に付いた 41.7% 75.7%
目標6 自己を管理する能力の向上 学び方や学ぶ習慣が身に付いた 49.7% 56.1% 入学時から
10%
引き上げ
自分の得意・不得意を理解した 72.2% 83.2%
目標7 職業人としての姿勢や考え方の向上 34.3% 63.6% 入学時から
30%
引き上げ
目標8 協力して働く力の向上 いろいろな人と話し合い、議論した 57.6% 73.8% 入学時から
10%
引き上げ
他の人と協力し、助け合った 66.2% 79.4%
目標9 一つのことを達成する力の向上 ゼロから自分たちで考えて企画した 39.1% 50.5% 入学時から
10%
引き上げ
「できた」「やり切った」という思いを持てた 58.3% 71.0%
自分たちだけでプロジェクトをやり遂げた 46.4% 61.7% 入学時から
15%
引き上げ
  • 入学時、卒業時のアンケートは校内で実施、集計は第三者機関に委託しています。

校長挨拶

全国に先駆けた3つのポリシーの設定・公表の取り組みで 本校は学生の皆さんの"社会で生き抜く力"を確実に伸ばします。

重里 徳太

日本分析化学専門学校 校長 重里 徳太
Profile

衆議院議員・外務大臣秘書を経て学校法人重里学園 日本分析化学専門学校に入職。 現在までに全国専修学校各種学校総連合会 理事・総務副委員長、(一財)職業教育・ キャリア教育財団 評議員、(一社)大阪府専修学校各種学校連合会 副理事長、 (公財)大阪府私学総連合会 評議員、文部科学省や内閣府などの各種委員を歴任している。

国内外に大きな社会変動が起こり、先行きが不透明な将来に向け、若い人たちにはさまざまな人々と協力しながら主体性を持って人生を 切り拓いていく力が非常に重要になります。近年、国はこうした状況を踏まえて「高大接続改革」を提唱し、(1)十分な知識・技能 (2)自ら問題発見・解決するための思考力、判断力、表現力等 (3)主体的に多様な人々と協働して学ぶ態度 の確実な修得を目指す、抜本的な入試および教育改革に乗り出しました。しかしながら、この高大接続改革はその名が示すように専門学校への視点と内容が希薄で、 進学先を大学か専門学校かを検討する高校生等に対し混乱を招く可能性や課題を抱えています。

そこで、一般社団法人大阪府専修学校各種学校連合会(以下、大専各)では、この問題に対応する特別委員会を設置し、全国に先駆けて専門学校の入試改革と信頼性向上に取り組み始め、2020年度から3つのポリシーの設定と公開が推奨される事になりました。大専各の副理事長を務める私は、その活動を牽引していることもあり、本校 においても3つのポリシーを早期に設定して、積極的に公表していくことにしました。全国の専門学校の先駆けとして、本校が推進する化学分野の知識・技術と、社会人としての実務実践力を確かに身に付けていただくための募集方針、教育目標、到達目標を明確に定め、新時代にふさわしい人材育成に臨む決意を新たにしたわけです。

本校に入学する学生の多くは、化学が得意ではない、そもそも文系出身者で化学実験の経験も少ないといったような人たちですから、 6つの求める学生像も決してハードルは高く設定していません。何より大切なのは、その人自身の意欲です。自分を高めたい意欲さえあれば、本校の「募集方針」をクリアし、入学後は 「教育目標」の徹底によって、お約束する「到達目標」の達成が可能だと考えています。社会で生き抜く力を身につけるために、たくさんの皆さんが本校の扉を叩いていただくことを願っています。