国による修学支援新制度対象校への認定が決定!

政府は、家庭の経済状況に関わらず、しっかりとした進路への意識や進学意欲がある高校生等に対し、
授業料の減免や、返済不要の給付型奨学金の拡充を行う大学等修学支援関連法案の成立を進め、
9月20日に対象校が決定・公表され、大学を含むこの修学支援新制度の対象校として、
日本分析化学専門学校が認定を受けました

これにより、大学と同様の認定基準をクリアした専門学校として、
本校入学生に対する「授業料等の減免」が令和2年(2020年)4月より開始します。
また、「給付型奨学金」が拡充され、経済的な理由で進学をあきらめていた方も道が広がりました。

【修学支援新制度による本校入学生への適用について】

以下の1と2を合計すると、初年度で最大166万円の減免(自宅外通学の場合)が可能となり、
本校の初年度学費総額の約163万円の負担が軽減されることになります。
減免額については、以下の[世帯収入と減免額の要件]を参照の上、詳しくは保護者の方へ確認、相談ください。

1.「授業料等の減免(入学金と授業料の減額)」
経済的な理由で進学を諦めていた高校生等を対象に、入学金と授業料の減免が実施されます。
減免額は本校の入学金30万円のうちの最大で16万円、授業料61万9千円のうちの最大で59万円となります。
 
2.「給付型奨学金(返済不要)」の拡充
「給付型奨学金」が拡充され、上記1の「授業料等の減免」との併用が可能になります。
給付型奨学金は、自宅から通う学生は約46万円、自宅外から通う学生は約91万円となります。

musyo1.png

【世帯収入と減免額の要件】
以下表の世帯収入以外にも、「進学先で学ぶ意欲のある学生」であることが求められます。
musyo2.png


その他詳しい情報は以下をご参照ください
「文部科学省 高等教育の修学支援新制度」
「日本学生支援機構 進学資金シミュレーター」

また、ご不明な点がございましたら、
ぜひ体験入学等にご来校ください!

日本分析化学専門学校は、今回の認定を機に、
さらに教育の充実や情報公開に努めてまいります!