日本分析化学専門学校



印刷する

実験A-47 <水の上を自由に動く紙の巻>

この実験の写真一覧
投稿者
日本分析化学専門学校
所要時間
10分
使用器具・薬品
○器具
・ペーパーフィルター(コーヒーフィルター)
・水槽(水が張れる大きめのバット)
・はさみ  

○試薬等
・洗剤

【材料の入手方法】
・ペーパーフィルター(スーパーで購入)
 (40枚 200円程度)
・洗剤(スーパーで購入)
 (1本:100円程度)

  1. ペーパーフィルターを三角形に切って、その一辺に切り込みを入れる。
  2. 切り込みの部分に洗剤を一滴しみこませる。
  3. 水を貼った水槽に「2」の紙を静かにおくと、スーッと動きます。

  1. 洗剤以外でも固形の石鹸を水に溶いたものでも実験ができます。
  2. ペーパーフィルター以外の紙でも、同様の実験ができます。
  3. 不要になった排紙でも実験は可能です。

【なぜ水の上をペーパーフィルターが動くのか?】


洗剤(セッケン)は炭素と水素が結びついた長い鎖の端にカルボキシル基がついた構造をしています。

この長い鎖の部分(親油基)が汚れ(油)の表面に結合し、親水基は水とがなじむため、汚れ(油)がきれいに落ちるのです。


洗剤(セッケン)を水に落とすと、親水基の部分を下にして水面にずらっと並んでいきます。

これによって水本来の表面張力が低くなり、紙がひとりでに動く、といった現象を見ることが出来るのです。
 

画像をクリックすると画像の解説が表示されます


>>一覧へ  >>サイトトップへ


アクセス人数の多い上位5つの実験です。

アクセス数ランク

>>もっと見る

おすすめボタンをクリックされた上位5つの実験です。

オススメ数ランク

>>もっと見る

アクセス回数の多い上位5つの実験です。

>>もっと見る

カテゴリ一覧