日本分析化学専門学校



印刷する

実験A-44 <赤色の正体は?の巻>

イチゴの色の分析
この実験の写真一覧
投稿者
日本分析化学専門学校
所要時間
10分
使用器具・薬品
【使用器具・薬品】
○器具
・トマト 1/2個
・イチゴ 1~2個
・コップ 3個
(透明のコップの方が色の変化を観察しやすい。)
・カーゼ 2枚
・すり鉢 1個

○試薬等
・重曹 小さじ1杯

【材料の入手方法】
・重曹(食料品売場にあるふくらし粉。なければ薬局で入手可能)

  1. イチゴとトマトを別々にすりつぶす。ガーゼでこして、コップに入れる。
  2. 小さじ1杯に重曹を、コップ半分の水に溶かし、重曹溶液をつくる。
  3. イチゴとトマトのこし汁に、重曹溶液を小さじ半分ずつ加えていく。
  4. こし汁の色の変化を観察する。どちらにも色の変化が起こらない場合には、さらに重曹溶液を追加する。

  1. 重曹溶液を加えると泡立ちます。しばらく置いて、泡が消えたら色の観察をしてください。
  2. 溶液が手に付いた場合は、すぐに洗うようにしてください。

【同じ赤色なのに、色が変わるものと、変わらないものがあるのはなぜ?】

 

イチゴもトマトも同じ赤色に見えますが、違う種類の色素が含まれています。トマトの赤色は、リコピンといい、カロテノイドという物質の一種です。一方で、イチゴは、アントシアニンと呼ばれる物質でブルーベリーなどにも含まれます。アントシアニンは、酸性の条件で赤色を示し、アルカリ性にすると青色を示す性質があります。そのため、アルカリ性の重曹を加えた時に色が青色に変化したのです。

画像をクリックすると画像の解説が表示されます


イチゴの色の分析 赤いイチゴ 赤いトマト

>>一覧へ  >>サイトトップへ


アクセス人数の多い上位5つの実験です。

アクセス数ランク

>>もっと見る

おすすめボタンをクリックされた上位5つの実験です。

オススメ数ランク

>>もっと見る

アクセス回数の多い上位5つの実験です。

>>もっと見る

カテゴリ一覧